*

最近聴いたレコード

(「レコード」にはCD, LP, EPを含みます)
HOME
2004年
2003年
2002年
2001年
2000年
1999年
1998年
1997年
1996年

2004年7月

DONNY HATHAWAY "THESE SONGS FOR YOU, LIVE!" (2004)

1〜3曲目は、73年6月30日カーネギー・ホールのライブ。未発表。
4〜7,9,10,13曲目は、71年8月28〜29日トルバドールのライブ。5,7曲目未発表。
8曲目は、72年5月6日UCLAのライブ。未発表。
11,12曲目は、71年10月27〜29日ビター・エンドのライブ。
凄いライブ盤が出たもんだ。最高!

THE O'JAYS "TOGETHER WE ARE ONE" (2004)

突然出た?未発表曲集。内容は悪くない。没になったのが不思議。

BRIAN WILSON "GETTIN' IN OVER MY HEAD" (2004)

萩原健太さんのページ参照

L.J. REYNOLDS "THROUGH THE STORM" (2004)

91年に発売されていたゴスペルアルバムが、今年になって日本でCD化された。
内容は文句なし。

ALICIA KEYS "REMIXED & UNPLUGGED IN A MINOR" (2003)

前半8曲がREMIX集。これは個人的にはあまり興味無し。
後半7曲がピアノ弾き語り。けっこう弾ける人なのね。

THE EBONYS "THAT'S FOREVER" (2004)

なんと再結成してミニアルバムを出したらしい。
アルバムタイトル曲 "THAT'S FOREVER"は、"IT'S FOREVER" を意識しているのだろうか。

ARETHA FRANKLIN "SO DAMN HAPPY" (2003)

節銭対策で買っていなかったが、今回日本盤を中古購入。

JOSS STONE "THE SOUL SESSIONS" (2003)

回りでかなり話題になっていたが、ワシは節銭対策で買っていなかった。
ボーカルはまあまあ。バックが凄い!

THE ISLEY BROTHERS FEATURING RONALD ISLEY AKA MR.BIGGS "BODY KISS" (2003)

節銭対策で買っていなかったが、今回購入。1,764円。安くなかったな。

TASHAN "LIFE GOEZ ON" (2003)

たぶん10年ぶり4枚目のアルバムなのだが、盤はCD-R、ジャケットはカラーコピー1枚。
悲しすぎる。

MUSIQ "JUSLISEN" (2002)

中古購入。

K-CI & JOJO "EMOTIONAL" (2001)

日本盤を中古購入。
"X"までは発売即買っていたのだが、節銭対策かつちょっと飽きていて、これは買っていなかった。歌は上手いんだけど...って感じ。

THE DRAMATICS "IF YOU COME BACK TO ME" (1999)

中古で1,155円だったので買った。
ドラマティックスも好きなので、そろそろ集め始めようかと考えている。

UNDISPUTED TRUTH "THE COLLECTION" (2002)

このグループが"WHAT'S GOING ON"をカバーしているのは知っていたので、いつかCDを聴いてみたいと思っていたところ、中古でベスト盤が売っていたので買った。
ただし、これはMOTOWN時代のものなので、1967〜75年までのベストである。
"WHAT'S GOING ON"は入っている。

GENE CHANDLER "THE BEST OF THE CHI-SOUND YEARS 1978-83" (1999)

良い声してる。楽曲もなかなか良い。

PENNY GOODWIN "PORTRAIT OF A GEMINI" (1974)

以前FURUさんが紹介していたが、ワシは初めて知った。買ったのは、"WHAT'S GOING ON"をカバーしているから。

MARVIN GAYE "TOGETHER & TAKE TWO" (1964, 1966)

MARY WELLSとの"TOGETHER"と、KIM WESTONとの"TAKE TWO"の2IN1。ボーナス無し。
実は今まで持っていなかったのだ。デュエットものは、あまり興味無かったので。

VARIOUS ARTISTS "THE WORKS OF TATSURO YAMASHITA VOL.1" (2004)

山下達郎師匠が他者に提供した作品集。1〜7曲目がアレンジも師匠が手がけている。8曲目以降は曲または詞の提供のみ。
円道一成という人を初めて聴いたが、かなりソウルっぽくていい感じだ。フランク永井「WOMAN」やアン・ルイス「恋のブギ・ウギ・トレイン」も嬉しい。