ミック・ジャガー

ザ・ローリング・ストーンズのフロントマンであるミック・ジャガーはニュー・シングル“Sweet Sounds Of Heaven”にレディー・ガガが参加することになった経緯を振り返っている。

スティーヴィー・ワンダーも参加している“Sweet Sounds Of Heaven”は9月29日に公開されており、10月20日にリリースされる通算24作目のアルバム『ハックニー・ダイアモンズ』に収録される。

アップル・ミュージックのゼイン・ロウとのインタヴューでミック・ジャガーはバッキング・ヴォーカルを務めたレディー・ガガに賛辞を寄せ、“Sweet Sounds Of Heaven”が出来上がった経緯について説明している。

「彼女は素晴らしいシンガーで、あんなスタイルで歌うのを聴いたのは初めてと言っていいくらいだった」とミック・ジャガーは語っている。

「一つの部屋でライヴ録音したんだけど、素晴らしい体験だった。彼女が部屋に来てくれて、心を開いて、自分のパートを見て、自分なりのやり方を感じて、自信を深めていった」

ミック・ジャガーは次のように続けている。「そして、また戻ってきて、その日はやっていなかった追加のパートをやって、整理して、オーヴァーダブの部屋で顔を突き合わせて、タイトにして競い合うように叫ぶところをやってみたんだ」

ミック・ジャガーは“Sweet Sounds Of Heaven”について「全部ライヴで演奏された」とゼイン・ロウに説明している。「もちろん、オーヴァーダビングはしたよ。でも、一つの部屋でライヴ演奏したんだ」

レディー・ガガはインスタグラムで舞台裏映像を公開して、ザ・ローリング・ストーンズとのコラボレーションについて“Gimme Shelter”やゴスペル&ソウル・ミュージックがインスピレーションになったと述べている。

「私は昔のストーンズの好きな曲やミックと歌ってきた偉大なヴォーカリストのことを考えていた。そして、ロックンロールの大きな部分を決定づけることになったバンドの、今ではよく知られているサウンドを唯一無二のものにした要素について考えていた」とレディー・ガガは述べている。

「そして、ライヴでやってみた。“Sweet Sounds of Heaven”を作った時、ミック以外ではやったことのない歌い方で歌ってみた。アンドリュー・ワットと私は泣いていた。音楽の歴史を目撃したような何かがあって、その一部になれた瞬間だった」

「まさに天国ってこんな感じかなと思った。ただただ素晴らしいサウンドだった」

『ハックニー・ダイアモンズ』はザ・ローリング・ストーンズにとって18年振りのオリジナル・アルバムで、ポール・マッカートニー、エルトン・ジョン、オリジナル・ベーシストであるビル・ワイマンらが参加している。

先日、ミック・ジャガーは新作『ハックニー・ダイアモンズ』でポール・マッカートニーと共演したことについて語っている。

「彼にパンク・チューンで弾いてもらえないかと提案したんだ。うまくいくのかは分からなかった。でも、彼はロックだし、そういうのを弾くのが大好きだからね。彼も『バンドと演奏できるなんて素晴らしいね。バンドと演奏できるなんて楽しみだよ』と言ってくれたよ」

また、ミック・ジャガーはバンドが既に次回作に取り組んでいることを明かしている。