ミック・ロック

ロック・フォトグラファーのミック・ロックが亡くなった。享年72歳だった。

ミック・ロックは70年代にデヴィッド・ボウイ、ルー・リード、クイーン、セックス・ピストルズといったアーティストの伝説的な写真を撮影してきたことで知られている。

ミック・ロックの遺族はソーシャル・メディアで訃報を発表している。

「重い心境と共に愛されたサイケデリックな反逆者であるミック・ロックが彼方へと旅立ったことを発表します」と声明には書かれている。

「彼の軌道にいる喜びを知る人は彼が『70年代を撮った男』以上の存在だったことを知っているでしょう。写真を使った詩人であり、自分の好きなことをいつも自分なりの方法で行いながら日々を過ごしていた素晴らしい存在でした」

声明は次のように続けられている。「ミックがカメラの後ろにいる時は星が並んでいるようでした。被写体のユニークなカリスマ性を利用することで彼はエネルギーを得ていたのです。彼の思いは常に情熱的なもので、その集中力はあらゆることに及んでいました」

「イメージの魅力に取り憑かれたその人はレンズを通してそのヴィジュアルを吸収してアートに没頭することで、ロックでも最も壮大なイメージを作り出しました」

声明は次のように締めくくられている。「亡くなったことを嘆く代わりにマイケル・デヴィッド・ロックの素晴らしい人生と並外れたキャリアを祝福してください。自分なりの方法でやっていただいて、近親者のプライバシーには御配慮いただければと思います。したがって、これ以上のコメントはありません」

ミック・ロックは1948年にロンドンで生まれ、デヴィッド・ボウイなどとの撮影で注目を集めている。

1972年から1979年の間がミック・ロックにとって最も多作な時期で、様々なアルバムのアートワークや映像に彼の写真が使われている。

デヴィッド・ボウイ、クイーン、ブロンディ、イギー・ポップ、シド・バレットらがこの時期に撮影されたミュージシャンで、『クイーンII』、『ロー・パワー(淫力魔人)』、『トランスフォーマー』などのアルバム・ジャケットを彼は手掛けている。

後年になってもフォトグラファーとしての活動を続けており、スヌープ・ドッグ、ヤー・ヤー・ヤーズ、マイリー・サイラスらを撮影している。

彼は『ロッキー・ホラー・ショー』でもメインのフォトグラファーを務めるなど、その仕事は多岐に渡っている。

ミック・ロックは本の出版や展覧会の開催も行っており、2016年にはドキュメンタリー『ショット!』が公開された。

音楽界からは追悼の声も寄せられている。