Pokemon / PRESS

ポスト・マローンは『ポケットモンスター』の25周年を記念したヴァーチャル・ライヴでヘッドライナーを務めることが発表されている。

コンサートはポケモンの日とされている2月27日にオンラインで開催される。

これは1年にわたって行われるプロジェクト「P25ミュージック」の幕開けとなるもので、ポスト・マローンのコンサートは「更なる音楽のサプライズ」が謳われているユニバーサル・ミュージック・グループとの協力によるプロジェクトの第1弾となっている。

コンサートのトレイラー映像も公開されており、ポスト・マローンが『ポケットモンスター』風のキャラクターに変化するものとなっている。

トレイラー映像はこちらから。

「僕は長年『ポケモン』のファンで、25周年を記念したポケモンの日にヘッドライナーを務める機会を持てて素晴らしいよ」とポスト・マローンは述べている。

ヴァーチャル・コンサートは日本時間2月28日午前9時より『ポケットモンスター』のYouTubeチャンネル、公式ツイッチ、25周年公式サイトで無料で配信される。

「P25ミュージック」の更なる詳細はコンサートの最後に発表される予定となっている。

先月、ケイティ・ペリーは『ポケットモンスター』の25周年を記念してアンバサダーを務めることが決定している。

「『ポケットモンスター』はゲームボーイでオリジナルのゲームをやった時から常に人生の中にありました。ランチの時にポケモンカードを交換したり、ポケモンGOで通りでポケットモンスターを捕獲する冒険に出たりね」

「ツアーで日本に行った時はポケモンカフェに行きました。ここ25年間にわたってたくさんの楽しさを与えてくれた『ポケットモンスター』を祝福するのに選ばれて光栄だし、世界中の子どもたちに刺激的な喜びを与えてくれるという意味でその進化を見られて光栄です」