GETTY

ボン・イヴェールはブルース・スプリングスティーンやジェニー・ルイスといった様々なアーティストとコラボレーションしたニュー・シングル“AUATC”が公開されている。

タイトルの“AUATC”は「Ate Up All Their Cake」の頭文字で、楽曲にはワイ・オークのジェン・ワズナーやリヴュラレのエルサ・ジェンセンも参加している。

新曲はミュージック・ビデオも公開されており、監督はアーロン・アンダーソンとエリック・ティモシー・カーソンが務めている。

“AUATC”のミュージック・ビデオはこちらから。

ニュー・シングルのリリースにあたってボン・イヴェールは350.org、イコール・ジャスティス・イニシアティヴ、ミネアポリス・ムーヴメント・サンクチュアリ、レッド・レター・グラント、NIVAといったチャリティ団体への寄付を勧めるリンクも公開している。

「資本主義との闘い、それに対する団体を通しての集団的参加に注目を集めたいんだ」とボン・イヴェールはツイートしている。

「ボン・イヴェールは私たちのポジションや資本主義を現実的に使用していることを認識しています。私たちは自分たちの特権を認識した上で、自分たちのプラットフォームを使って資本主義に挑戦していきたいのです」

“AUATC”はボン・イヴェールの「シーズン5」プロジェクトからの2曲目のシングルとなっている。シーズン5のエピソード1としては“PDLIF”が4月に公開されている。

ボン・イヴェールは7月にリリースされたテイラー・スウィフトの最新作『フォークロア』にも参加している。

コラボレーションした“Exile”は今週の全米シングル・チャートで4位を記録している。