ピンク・フロイド

ピンク・フロイドのドラマーであるニック・メイソンはロジャー・ウォーターズがバンドのメンバーにいじめられたと感じていることについて「呆れている」と語っている。

ニック・メイソンは新たなインタヴューでロジャー・ウォーターズが先月デヴィッド・ギルモアとキーボーディストのリチャード・ライトが「自分の足を引っ張っていた」と発言したことに驚きを示している。

「ちょっと呆れてしまったね」とニック・メイソンはコーダ・コレクションでジム・ドラギティスに語っている。「バンドの中に分断があったというのをちょっと感情的に言ってしまったんだと思うんだけどね」

「まあ、ロジャー・ウォーターズは音楽を超えていくところもあったんだけどね。言い過ぎだと思うけどさ。でも、確かに音楽と同様に映画とか他のことをやりたい側と音楽しかやりたくない側はあったかもしれないとは思うよね。でも、特段意地悪をしていたとは思わないね。ロジャーのことをいじめるなんて想像も難しいよ。スターリンはいじめられっ子だけどさ」

9月にロジャー・ウォーターズはマーク・マロンのポッドキャストでピンク・フロイドについて「劣悪な環境だった」と語っていた。

「すごく劣悪な環境だったんだよ。周りの人、主にデヴィッド・ギルモアとリチャード・ライトだけどさ。常に足を引っ張ろうとしてきたんだ。どんな地位であれ、僕を脅かそうとしていたんだよ」

どんな感じでいじめは行われたのかを訊かれると、ロジャー・ウォーターズは次のように答えている。「僕は耳が聴こえず、音楽を理解していないと言うんだ」

「『あいつにはうんざりだ。教師面で指図してくるくせにギターのチューニングもできないんだ』とかね」

「幼稚で文句ばかり言っているんだよ。自分たちが取るに足らない存在だと感じていたからなんだろうけどね」

「なにもけなしているわけじゃないんだ。僕らが一緒にやっていた頃、素晴らしい作品を作って、それに全員が貢献していたのは間違いないからね」

ピンク・フロイドは1987年発表の『鬱』のリミックス&新バージョンとなる『鬱(リミックス&アップデイト)』が10月29日にリリースされることが決定している。