GETTY

パール・ジャムのエディ・ヴェダーはサブ・ポップのシングル・クラブの一環でインストゥルメンタル曲“Cartography”の音源が公開されている。

この曲はロバート・F・ケネディのドキュメンタリー作品『マウント・ケネディ』に提供された楽曲となっている。“Cartography”はマーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺について語るロバート・F・ケネディの音声が使われたヤー・ヤー・ヤーズのニック・ジナーによるリミックスも公開されている。

それぞれの音源はこちらから。

「(ロバート・F・ケネディの愛称である)ボビー・ケネディがマーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺について語る50年前のスピーチを聴いていると、僕らはよりよきことをしなければならないし、よりよきことをできる時代にいたことを再び思い出させてくれるんだ」とエディ・ヴェダーはプレス・リリースで述べている。

「投票というのは非暴力の抗議で最もパワフルなものなんだ」

シングルのすべての収益は選挙の普及を進めている団体のフェア・ファイトに寄付される。

エディ・ヴェダーは先日アメリカ大統領選挙での郵便投票のやり方を教えるためにインスタグラムのアカウントを立ち上げている。アカウントをセットアップした後、エディ・ヴェダーは郵便投票のやり方を解説している。