GETTY

ノエル・ギャラガーは日本時間12月31日17時に新曲“We’re Gonna Get There In The End”のデモ音源が公開されている。

ノエル・ギャラガーは新曲の公開についてソーシャル・メディアで前日に発表しており、新曲は「数週間前に書かれた」ものであるとしている。

「まずみんなの新年を願わせてほしい」とノエル・ギャラガーはメッセージを始めている。「ここからは良くなることしかない(つまり、これ以上そんなに悪くはならないってことだろ?)」

「とにかく、ここのところは曲を書いたり、いじったりっていうことをしていて、ここ数週間で書いた曲のちょっとしたデモができて、すごくいいサウンドになったんだよ」

彼は次のように続けている。「歌詞も今の時期にふさわしいもので、みんなに公開したいと思ったんだ。“We’re Gonna Get There In The End”っていう曲だよ」

ノエル・ギャラガーは次のように締めくくっている。「みんなの二日酔いがそんなにひどいものにならないことを願っているよ。早く元になることを願っているよ。追伸:あくまでデモなんだ。その先の未来へ」

新曲“We’re Gonna Get There In The End”のデモ音源はこちらから。

“We’re Gonna Get There In The End”はこれまでにリリースされてきた“Wandering Star”、“Blue Moon Rising”、“Come On Outside”に続く楽曲となっている。

先日、ノエル・ギャラガーは“Pretty Boy”という新曲について「ザ・キュアーのようなサウンド」の新曲を書いたことを明かしている。

ノエル・ギャラガーは2017年に通算3作目のアルバム『フー・ビルト・ザ・ムーン』をリリースしている。その後、ノエル・ギャラガーは「ポリスとザ・キュアーが一緒にバンドにいる」と『NME』に語っている。