トニー・ベネットはひそかにアルツハイマー病と闘病してきたことを明かしている。

トニー・ベネットは『AARP』誌の記事でアルツハイマー病を患っていたことを発表している。

「人生はギフトだ。アルツハイマー病であってもね。支えてくれる妻のスーザンや家族に感謝するよ。そして、『AARP』誌がこのことを伝えてくれることにもね」と彼はツイートしている。

94歳のトニー・ベネットは75年以上のキャリアで19個のグラミー賞を受賞しており、アルツハイマー病と最初に診断されたのは2016年だったという。

闘病中にもかかわらず、トニー・ベネットはレディー・ガガとジャズ・スタンダードをレコーディングした2014年発表のコラボレーション作『チーク・トゥ・チーク』の続編に取り組んでいると『AARP』誌は報じている。

トニー・ベネットとレディー・ガガは「2018年から2020年の前半まで間隔を空けながら」アルバムをレコーディングしたとのことで、今年春にリリースが予定されているという。

トニー・ベネットはニューヨークのマンションに妻のスーザンといるが、病気の進行は緩やかだとされている。

「2016年に最初に診断されてトニー・ベネットは家から彷徨うことになる見当識障害やアルツハイマー病による現実との乖離と一緒に引き起こされる恐怖や怒りや鬱の発作を免れています。事実、そうした症状が一切ないかのようです」と『AARP』誌の記事には書かれている。

「しかし、病気が進行しているかのような疑いの余地はほとんどありません。意識の確かさの部分で衰弱の加減を示すようなことは滅多にありません。ある時、スーザンと私が立って話していたら、彼が膝に乗せた本から突然顔を上げて、一瞬笑顔を浮かべて、やわらかい艶のある声で私にこう尋ねてきました。『外の天気はどう?』と。スーザンと彼が公園で犬を散歩してきたことを知らなかったら、なにかおかしいと思わなかったかもしれません」

記者はレディー・ガガがトニー・ベネットの病気について抱いた感情を撮影したレコーディング中の「生々しいドキュメンタリー映像」も観たと述べている。

「その瞬間、レディー・ガガの顔に浮かんだ痛みと悲しみがはっきりと見て取れました。しかし、非常に感動的な映像の中で、レディー・ガガが師、友人、父親のような存在と呼ぶトニー・ベネットがラヴ・ソングのソロの一節を歌っていたのです」

「レディー・ガガは彼女のマイクの後ろから見つめていて、彼女の笑顔が揺れ、目からは涙が溢れ、顔を手で覆い、すすり泣いていました」

トニー・ベネットは“Rags To Riches”、“I Left My Heart in San Francisco”といったヒット曲で最もよく知られている。デュエット・アルバムのリリース日は発表されていない。