ケリー・ジョーンズ

ステレオフォニックスのフロントマンであるケリー・ジョーンズは2001年発表のアルバム『ジャスト・イナフ・エデュケーション・トゥ・パフォーム』のリリース前に“Mr. Writer”をノエル・ギャラガーに聴かせた時のことを振り返っている。

ケリー・ジョーンズはある晩、ノエル・ギャラガーと飲んでいる時に“Mr. Writer”をかけることになったと述べている。

「あの晩、ノエル・ギャラガーにアルバムの一部を聴かせたんだ。“Mr. Writer”がかかると、彼は顔を向けて、回転椅子で酔っ払ってもたれかかる中、マンチェスター風に指をならして認めてくれたんだ」とケリー・ジョーンズは英『ローリング・ストーン』誌に寄稿している。

『ジャスト・イナフ・エデュケーション・トゥ・パフォーム』の20周年を記念してケリー・ジョーンズは寄稿しており、全英1位を獲得したアルバムからは“Mr. Writer”や“Have A Nice Day”、“Handbags And Gladrags”といったシングルが収録されている。

「ノエル・ギャラガーとはこの頃に友人になったんだ」とケリー・ジョーンズは述べている。「彼はマンチェスター・シティ対リーズの試合のマンチェスター・シティ側のチケットをくれたんだ」

「ジュールズ・ホランドがロンドンのエアー・スタジオで行ったジョン・レノンの60回目の誕生日に際したシャイン・オンというライヴのリハーサルで彼がスタジオに来たんだけどさ。前の晩、自分はスタジオで働いていた数人の女性と飲みに行って、たくさんのパブに行っていたんだ。だから、気分が悪かったから、リハーサルを止めて、ノエルとゲムとリチャード(・ジョーンズ)と飲みに行ったんだ。最も愉快な夜の一つになったね」

ケリー・ジョーンズはノエル・ギャラガーが“Mr. Writer”を認めてくれたことでどう感じたかについても語っている。「レコード契約をする直前、90年代中盤を通してテレビでオアシスを見ていたから、自分にとってはすごく大きかったよね。彼らと張り合おうとか、彼らみたいになろうなんて思っていたら、自分たちは成功しなかっただろうね」

ステレオフォニックスは2001年発表のアルバム『ジャスト・イナフ・エデュケーション・トゥ・パフォーム』を全編演奏する公演を来月から7公演行うことが決定している。

ツアーは11月26日にレスターのデモントフォート・ホールからスタートし、12月6日にロンドンのシェパーズ・ブッシュ・エンパイア公演で締めくくられる。