マット・ヒーリー

ザ・1975のフロントマンであるマット・ヒーリーはマレーシアのLGBTQ+に関する法律を批判して、ステージでベーシストのロス・マクドナルドとキスしたため、フェスティバル出演を早めに切り上げている。

現地時間7月21日にクアラ・ルンプールで開催されたグッド・ヴァイブス・フェスティバルでヘッドライナーを務めたザ・1975のマット・ヒーリーは同性愛者の権利に対するマレーシア政府の強硬な姿勢を批判している。

「間違いを犯してしまった。ライヴをブッキングした時は調べていなかったんだ。ザ・1975を呼んでおきながら、セックスする相手について決められる国なんて訳が分からないよ」

彼は次のように続けている。「信心深く、政府を支持していて、気分を害するのなら申し訳ないけれど、君たちの政府はバカの集まりだ。気にしていられないよ。強制するなら、反発してやる。気分が乗らないよ。そういう気分になれないんだ」

マット・ヒーリーはそうしたフラストレーションのためにこの日のセットリストでは「盛り上がる」曲をやらないと観客に告げている。

「残念ながら、一連の盛り上がる曲はやらないよ。腹立たしいからね。フェアじゃないとは思うよ。君たちは政府を代表しているわけじゃないからね」とマット・ヒーリーは語っている。「君たちは若者で、みんなの多くが同性愛者で、進歩的で、クールであることは分かっている。だから、昨日は出演を止めるつもりだったんだけど、話し合いをして、『このキッズたちを失望させることはできない。彼らは問題じゃないんだから』ということになったんだ」

「でも、前にもこういうことがあった。よく分からない国に行ったんだ。バカげているよ。(口と股間を指さしながら)こことここですることを指図するなんてバカげている。僕をライヴに呼びたいんなら、失せてくれ。お金はもらうし、出演禁止にしてもらってもいい。でも、前にもあったんだけど、気持ちのいいものではなかったし、退去させられたんだ」

観客の撮影した動画ではベーシストのロス・マクドナルドがマット・ヒーリーに近づいてキスをしている。7曲目の“I Couldn’t Be More In Love”を演奏した後、マット・ヒーリーは観客に終えなければいけなくなったことを伝え、「クアラ・ルンプールでは出演禁止になってしまった」と語っている。

その後、グッド・ヴァイブス・フェスティバルは公式の声明を発表して、「現地のパフォーマンス・ガイドラインに準拠していない」ことでライヴが早く切り上げられたことを「遺憾に思う」と述べている。

「グッド・ヴァイブス・フェスティバルは常に楽しい音楽体験を提供することに専念してきました。変わらぬみなさんからの応援のことは心から有り難く思っています」と主催者は述べている。「グッド・ヴァイブス・フェスティバルは予定通り行われます。土曜日も日曜日もみなさんのご来場を心よりお待ちしております」

「7月21日金曜日にお越しの方の残念な気持ちはよく分かります。1日券のリストバンドをお持ちの方は土曜日か日曜日にお越しいただくことができます。入場口で金曜日のリストバンドを提示するだけです。早くみなさんに会えることを願っています」

その後、グッド・ヴァイブス・フェスティバルは残りの2日も中止になっている(追記)。

マレーシアでは同性間の性行為は犯罪となっており、「自然の摂理に反する性的なやりとり」や「みだらで猥褻な」行為は刑法で禁じられている。