GETTY

コールドプレイはニュー・アルバムのリリースを予告する動画が公開されている。

コールドプレイは現地時間10月17日に新しいリリースを予告するポスターが世界各地に掲出されたことが明らかになっている。モノクロのヴィンテージ風のポスターはコールドプレイのメンバーがドイツ人思想家・詩人・作曲家のフリードリヒ・ニーチェと共に座っているものになっていて、1919年11月22日という日付が記されている。

動画は15秒程度の長さで、ストリングスの音源が使用されている。

クリス・マーティン率いるコールドプレイは、2020年により「メインストリーム」なアルバムをリリースするのに先立って、年内に「アーティ」なアルバムでシーンに復帰を果たすのではないかと言われている。

「最初のアルバムはコールドプレイの実験的な側面を反映したものになります。次のアルバムが出る2020年まで、おそらくツアーすることはないでしょう」と情報筋は『デイリー・スター』紙に語っている。

コールドプレイが最後にリリースしたアルバムは2015年発表の『ア・ヘッド・フル・オブ・ドリームズ』となっていて、友人でコラボレーターのマット・ホワイトクロスは昨年、バンドが2019年に「人々を驚かせる」ことになるニュー・アルバムの制作に取り組み始めると語っていた。

「いくつかの音源を聴いたし、彼らがそれについて話しているところを撮った映像もあるんだ。だけど、それを私が話すわけにもいかないと思うからね。興味深いものなんだけどね」

一方、コールドプレイは2020年のグラストンベリー・フェスティバルに出演するのではないかとも噂されている。