GETTY

アンスラックスは結成40周年を迎えるにあたってその機会に「大きなこと」をすることを約束している。

アンスラックスは1981年7月にスコット・イアンとダン・リルカによってニューヨークで結成され、スコット・イアンは現在までバンドに在籍している唯一のオリジナル・メンバーとなっている。

ドラマーのチャーリー・ベナンテは『イオンミュージック』に40周年の迎え方についていくつかの情報を明かしている。

「6月か7月に大きなことをしようと取り組んでいるんだ。僕らのキャリアを祝いたいと思っていて、今それをまとめているところなんだ」とチャーリー・ベナンテは語っている。

「生配信みたいなものになるかもしれないね。多分、これまで演奏してこなかったようなたくさんの曲で構成されることになるよ。今回は何か特別なことをしたいと思っているんだ。発表を待っていてくれよ。今はまとめているところだからね」

インタヴュアーがグラミー賞にノミネートされた1990年発表の『パーシスタンス・オブ・タイム』の1曲目である“Time”をこの機会に演奏してほしいと伝えると、チャーリー・ベナンテは次のように語っている。

「やりたい曲の一つだね」と彼は語っている。「特別なことをやりたいね。だって、あの曲はちょっとした運動になるけど、好きな曲だからね」

アンスラックス以外の活動ではチャーリー・ベナンテはマストドンやアリス・イン・チェインズのメンバーとサウンドガーデンの“Rusty Cage”をカヴァーしたり、スーサイダル・テンデンシーズのメンバーとビリー・アイリッシュの“Bad Guy”をカヴァーしている。