Home Is Where The Heart Is
(COLUMBIA PC34384)

発売年 曲名 解説・感想
1976
  1. Home Is Where The Heart Is
  2. A Little Bit Salty
  3. Standing In THe Safety Zone
  4. One More Chance On Love
  5. How Long (Has This Been Goin' On)
  6. I Could Never Be Satisfied
  7. Something For My Head
  8. A Change Is Gonna Come
  9. We've Only Just Begun
 COLUMBIA移籍1枚目のアルバム。プロデュースはBWとThe Muscle Shoals Sound Rhythm Section。録音はMuscle Shoals Sound Studios。
 移籍したせいかどうかは分からないが、ヴォーカルがとにかく絶好調。声が出なくて怒鳴ってごまかす、なんてことは無い。
 軽快でシャウトも決まっている1(R&B #43)、ファンク的なアレンジで、サビの音をたたみこむ感じが良い3(R&B #90)、きれいなバラードの4、Sam Cookeのカバーの8が気に入っている。
 最後の曲がカーペンターズのカバーというのは、BWらしいというべきか。

B.W.「ソロ時代のレコード」メニューへ戻る
B.W.メニューへ戻る

Page Design by FLAMAN